43歳の転職を成功へ導くための5つのSTEP

 転職は結果が全て。結果が悪かった時に、「良い経験をした」でまとめてしまっては意味がありません。

 

 40歳を超えてから転職するなら、その持てる全てを転職活動に注ぎ込むくらいの気持ちで挑みましょう。その全力が出し切れるよう、以下のステップそれぞれについて意識してみてください。

 

 

転職準備をする

 全力を出し切るには準備万端であることが必須条件。環境を整えることをまずは考えましょう。

 

 会社や家族との人間関係や時間・お金の確保、そして気持ちの整理やスケジュール作成、あらゆる事柄に対する分析・研究・調査などを構築・用意・遂行することで、やっと転職活動の環境を整えることができます。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

求人情報を集める

 環境を整えたら、早速求人情報を集めてみましょう。環境の整え方が不十分だとこの求人情報収集にも影響を与えます。

 

 43歳という年齢を考慮すれば、エージェントの力を借りることも考えた方がいいですし、経験によってはスカウト機能なども活用し、良い情報収集ができるようにしておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

履歴書や職務経歴書を書く

 環境を整え、求人をセレクトしたら、いよいよ自分を企業に売り込み始めます。その最初が書類選考です。

 

 履歴書と職務経歴書は、緊張やそこからくるミスとは無縁で思い通りに作れるわけですから、一番のアピール材料になると考え作り上げなければなりません。

 

 自分にとって満足、企業にとって納得のいく書類を作成してください。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接に挑む

 人間関係を構築するのが上手いかどうか、40歳を超えても勉強をし、さらにスキルを伸ばしていく意欲があるかどうか、そして、最低限の能力を既に備えているかどうか。

 

 これらが面接での最重要チェックポイントとなります。これがわかれば対策もしやすいのではないでしょうか。

 

 

【参考記事】

 

 

 

退職・入社準備について

 全力で転職活動に臨んだのであれば、退職活動にも全力を注ぐようにしましょう。ホッとするのはこの作業が終わってからです。

 

 書類や挨拶の用意、人間関係の再構築、引き継ぎや退職日の調整など、なかなか大変な作業ですが、全力を尽くすことで「やりきってよかった」と思えるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト