43歳が面接時に確認しておくべきこと

企業と自分の相性を確認する

 

 43歳での転職は、入社後に長く働き続けることのできる、仕事内容や職場環境なのかどうかを、しっかり確認しておくことが不可欠です。転職面接は、確かに自分を選考してもらう場なのですが、自分が企業との相性を確かめる場としても、有効活用するという意識を持つべきです。

 

 43歳ともなると、ワークスタイルにも個人差が生まれています。キャリアアップを目指す、キャリアチェンジをする、ワークライフバランスを重視するなど、自分の働く志向性と、応募企業の社風がマッチするかどうかは、きちんと確かめておきましょう。

 

 そのためには、自分が長く働くために、どんな条件が必要なのかを、リストアップするのもおすすめです。そのすべてを満たす企業はないと思いますが、自分が譲れない条件が、より多くマッチする企業を選ぶと、入社後のミスマッチを防げるはずです。

 

いつ確認すべきなのか

 

 では、企業と自分の相性は、いつどうやって確かめるべきなのでしょうか。それは、面接時と内定後の2回です。面接時には、必ず逆質問の時間があります。その際に、企業の人事評価基準や面接官当人の仕事の価値観を質問することで、企業風土を予測することができます。

 

 また、内定後には、労働契約内容の確認を書面で行う機会があるので、その際により突っ込んだ質問をしてみるのです。43歳の自分と同年代の中途採用者の現在の様子、入社後にあげた実績などを聞いてみることも、自分が実際に働くイメージをするうえで有用な情報です。

 

 仕事は内容と勤務条件だけでなく、職場環境も重要な要素です。入社後に後悔しないためにも、自分が気になるポイントは、入社前にすべて確認し、納得してから入社を承諾しましょう。

 

 

【関連記事】



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト