ハローワークの活用術

わかものハローワークという存在

 

 厚生労働省が全国に「わかものハローワーク」を設置したことは、みなさんもご存じのことと思います。でも、43歳の求職者の多くは、自分が適用年齢だとは知らないのではないでしょうか。

 

 「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」と呼ばれることもある、この行政機関は、主に45歳未満の就職支援を行っています。転職活動を行う際は、併用する求人情報媒体の一つに、加えることをおすすめします。

 

地元の求人情報に強い

 

 ハローワークの特徴の一つに、広報予算が少ない、地元の中小企業の求人が数多く集まっていることがあげられます。中でも「わかものハローワーク」は、登録すると専任の担当者がつき、転職に関する相談からキャリアプランの作成、求人紹介、応募書類の添削、模擬面接まで、転職活動全般を個別サポートしてくれます。

 

 また、スキルアップのための講習会やセミナーを無料で受講できたり、臨床心理士の心理カウンセリングを受けることも可能です。こうした転職支援を、すべて無料で受けられるのは、大きなメリットです。

 

 登録さえすれば、ハローワークインターネットサービスを使って、自宅で求人探しもできるので、ぜひ登録しておきましょう。

 

 

【関連記事】



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト