どんな計画をたてるのか

市場価値に見合った計画をたてる

 

 43歳まで同じ業界や職種で仕事をしてきたとしても、その市場価値に差が生まれるのはなぜなのか、考えたことはありますか?それは、勤務先の会社規模とそこで得たポジション、あげた実績、仕事に対する取り組み姿勢の違いが、職歴に十分に表れてしまうからです。

 

 求職者本人がどれだけハイクラスな転職を目指しても、そのための素養が身に付いていなければ、書類選考すら通過することはできないのです。そこで、転職活動を始める前に、自分の市場価値を調べておくことをおすすめします。

 

 市場価値を知り、自分が可能な転職とは何かを考えることも、計画を立てる際には、重要なことなのです。

 

実現可能な計画をたてる

 

 自分の市場価値と希望条件を合わせて考えると、自分が可能な転職とは何かが見えてくるはずです。将来に備えて転職をするなら、43歳はギリギリのラインといえますから、いつまでに内定を得るかを自分なりに設定し、それを実現するためにどうしたらよいのかを、転職計画に落とし込みましょう。

 

 その際、求人探しから企業研究、応募書類の作成、面接、内定のプロセスで、どの程度時間が必要なのか、自分の作業スピードを考慮する必要があります。

 

 

【関連記事】



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト