転職エージェントを活用しよう!

転職エージェントを利用する

 

 業界や企業によっては、自分の定年まで会社が存続するかどうか、危ぶまれるところもあるでしょう。景気回復の兆しが見え、ミドル世代の求人も増えているいま、自分も転職を考えるべきではないかと、思い悩む43歳もいるかもしれません。ですが、短気は禁物です。

 

 40代の転職は、ほかの年代と比べると、苦戦を強いられることは事実です。だからこそ、生活や活用費用に負担を感じないように、在職しながら転職活動を始めることをおすすめします。その方法の一つに、転職エージェントの利用があるのです。

 

 では、転職エージェントはどんな役割を担ってくれるのかを、説明しておきます。転職エージェントは人材紹介会社とも呼ばれ、企業から個別に受けた求人に対し、最もマッチする人材を登録者の中から見つけて紹介し、入社に至ることでフィーが発生するというしくみになっています。

 

 単に応募者を集めればよい転職サイトと違って、確実に入社させる必要がありますし、入社後に双方のミスマッチが起こって退職となると、信用問題に発展します。

 

 そこで、専任のキャリアコンサルタントが常駐し、登録者一人ひとりを面談を行い、キャリアと専門スキル、人間性を考慮したうえで、求人を紹介するのです。

 

40代に転職エージェントが必要な理由

 

 では、なぜ40代に転職エージェントが必要かを説明しましょう。転職エージェントは、業界や職種での情報流出を防ぎたい企業が非公開で求人を出している案件を、大量に抱えています。

 

 その中には、ハイクラスやエグゼクティブが対象のもの、管理職や経営陣の募集など、転職サイトではお目にかかることのできない、優良な求人がたくさんあります。

 

 これまでキャリアと実績を築いてきた43歳であれば、培ってきたノウハウを活かして、よりレベルアップできる仕事に就くためには、こうした優良な求人情報を手に入れる必要があります。

 

 またキャリアコンサルタントは、転職のプロとして、応募者が内定を得られるように、企業の選考基準やアピールポイントなど、きめ細かくアドバイスをくれるだけでなく、面接日の調整や内定後の年収交渉、入社日と退社日の調整など、さまざまなサポートをしてくれます。在職しながらの転職活動なら、フル活用すべきでしょう。



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト