条件ばかり気にしすぎてはいけない

条件ばかり気にする

 

 転職をするからには良い給料で休みも沢山あって家から近くて・・・そんな会社を求める気持ちは誰もが1度は持つものです。しかし40代での転職は、その後の社会人としての人生を決定づけるものになることがあります。

 

 そこから先、1つの会社で定年まで長く働く可能性も高いですし、そういった条件ばかりを気にして肝心な仕事内容が自分に合わないものでは、気持ち的に満たされることは難しくなります。ですので、もちろん譲れない条件は変えなくていいので、自分が社会人としてどんな仕事をしていきたいのか、今まで経験してきたことを活かすにはどういう仕事がいいのか、ということをメインに考えてみることが大切なのです。

 

話しを聞かずに態度が横柄

 

 スキルは十分にあるし、経験もある、そんな転職希望者に対して面接官が気にかけるのが「柔軟さ」だと言われています。特に43歳と言う年齢は、それまでの会社のやり方に慣れている方が多いですよね。ですから仕事をする上でも、例えばちゃんと話を聞かないですとか、自分のやり方を盲信するあまり頑固で態度が横柄になってしまうことを心配しています。

 

 どれだけのスキルや経験があったとしても、新しい職場では「新人」です。面接の場でも面接官が言ったことをしっかりと聞き、素直に話をするよう心がけましょう。その上で自分の気持ちを主張することで、柔軟な考えを持ちつつ、芯の通った人という印象を持ってもらうことができます。

 

前職でのスキルや経験でアピールする部分が無い

 

 転職が多い方は特にそうなのですが、転職希望の会社に対して自分をどうアピールすればいいのか分らないという方もいると思います。特にスキルと言えるものも、経験と言えるものも思い当たらない、部下という部下もいない、そういう場合もありますよね。

 

 そういう時は、仕事をしていく中で自分の性格の部分から良いところを探してみましょう。コツコツ真面目に仕事をするのが得意、人と話すのが得意でどこでも楽しく働ける等、長所と言える部分に何かエピソードを付け加えると考えるのが簡単です。もし時間に余裕があるのであれば、資格などで経験がないことを補うのも有効的です。



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト