健康で人付き合いが良い人

健康面に問題が無い

 

 40代の転職希望者にとって、企業が欲しがる人材像をつかんでいることは重要です。まず「健康でバンバン働くことができる」という点が挙げられます。特に前職を辞めた理由をどう説明するか?がポイントです。メンタル系の不調(うつ病など)は、40代では告知にかなりのリスクを伴うことは否めません。

 

 理解のある会社ならよいのですが、そうでない会社の場合は、説明の仕方を工夫する必要があるでしょう。面接や応募書類にうそを並べることは絶対によくありませんが、とにかく40代前半であれば、健康な人から採用される傾向があります。

 

年下とも上手に付き合える

 

 入社すれば、自分より年下の社員に仕事をゼロから教えてもらわなければ一緒に仕事することができません。“43歳で入社して、周りは全員自分より年下”・・・というケースもありえます。前職の役職はどうであったかは別にして、新しい環境で水のように姿を変えて、異をとなえないでなじんで仲良くやっていける、柔軟性のある人材が求められているのです。

 

 転職者は社内の注目の的ですから、中にはからかうような態度に出てくる社員もいるかもしれませんが、淡々と仕事を確実にこなしていく冷静さも求められるでしょう。

 

 他人の言うことにすぐにカチンとくる、とか、年齢相応に頑固さが出てきている、他人の言うこと、特に女性や年下の人の言うことが素直に聞けない・・・という傾向がある人は、相当な努力をしないと新しい環境で浮いてしまうリスクがあります。

 

給与に折り合いがつく

 

 43歳ですと男女ともにほとんどの方が結婚をしていて、子供が1人〜2人いてもおかしくありません。その年齢で新しい職場を探すとなると、どうしても独身時代のように、自分のやりたい仕事にこだわるよりも、家族の経済状況の安定を優先してしまうのもやむおえないでしょう。

 

 30歳前後で結婚した男性ならばちょうど子どもの教育費がかかるころでもあり、年収面で前職より比較して大幅にダウンするのは避けたいでしょうが、同業種であれ未経験であれ、転職して大きく年収アップ・・・はかなり難しい面もあります。

 

 採用担当としては、あらかじめ求人票などで、会社側が提示した年収で仕事を受けてくれる人しか採用できませんし、転職希望者との給与面での折り合いは不可避です。



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト