会社から退職を引き止められた時の行動を解説

引き止めは会社都合であることを認識

 

 会社を辞める時に上司などから慰留される、いわゆる引き止め。会社からの引き止めに対して転職希望者が取るべき正しい対応は、どのようなものなのでしょう。
 正しい対応を知るために無視できないのが、ある認識を持つこと。

 

「会社からの引き止めは、会社の都合でしかない」

 

 この認識は、多くの会社や引き止めに当てはまることではないでしょうか。
 つまり、「待遇をもっと良くするから」、「役職を与えるから」、「今、会社を辞めるなんて勿体ない、君のためにならない」などと、転職希望者に有利な条件や、情に訴えるような言葉を用いて引き止めていたとしても、それは結局会社の都合でしかなく、あなたのためではないのです。

 

 極端な話、この認識だけを持っていれば、それだけでも正しい対応・行動というのはできてしまいます。
 引き止めに揺れることなく、迷うことなく、ハッキリと堅い退職の意志を伝えること。これを基本とすべきでしょう。

 

 

【関連記事】

 

 

結論を後回しにしない

 

 会社からの引き止めへの対応の基本は、既に書いた通りです。そうは言っても、上司から強く引き止められれば、退職の意志は固まっていたとしても、「もう少し考えてみます」と答えてしまう人もいるでしょう。

 

 これが自分を追いつめていることに気付かなければなりません。
 結論、つまり、“退職すること”を上司に伝える作業を後回しにしては絶対にいけないのです。

 

 退職日を伝えることも後回しにしないこと。ギリギリに伝えたら会社は困ってしまいます。伝えにくくても結論は早めに伝えること。
 また、結論そのものを出すことも、後回しにしてはいけません。相手に引き止めのための時間や余裕を与えてはいけない、これが転職希望者が会社に引き止められた時の正しい考え方なのです。

 

 

引き止めが止まらない時は

 

 ここで挙げた、会社から引き止められた転職希望者が取るべき正しい対応を実践しても、それでもまだ引き止めが止まらない時には、労働環境に関する相談を受け付けているところに相談してください。役所にもそれはありますし、民間の相談所もあります。

 

 あるいは、転職エージェントでも一部相談にのってくれると思いますから、そうしたところを最大限利用し、転職活動や新しい会社への入社に悪影響が及ばないようにしておきましょう。

 



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト