試用期間とは?デメリットはあるのか?

不明瞭を明瞭にします

 人のことなんて、1日や2日でわかるものではありません。つまり、企業の人にとって、新しく入社した人は不明瞭な存在なのです。
 この不明瞭な存在を、できるだけ明瞭化していくためのものが試用期間という制度。

 

 大体3ヶ月ほどの間になるでしょうが、その期間を使って、わかることを増やしていきます。

 

 これは企業が設けている制度なので、当然企業が社員の不明瞭な部分を明らかにしていく意味合いがあるのですが、一方で、転職して入社した人も、会社の不明瞭な部分を明瞭化していく期間と捉えることもできるでしょう。

 

 

働く方にデメリットはあまりありません

 働く方、つまり転職者であるあなたにとって、この試用期間という制度はあまりデメリットをもたらすものではありません。メリットがあるかと言えば恐らくありませんし、企業側の方に幾らかのメリットがあると言えそうですが、それでも労働者の側に大きなデメリットがあるわけでもないのです。

 

 解雇する権利が企業に留保されている期間と言われますが、それでもこの権利を軽々しく使うことは禁止されているので、試用期間中に解雇されることはないでしょう。
 また、待遇は多少我慢しなければならないこともありますが、基本の待遇(給与)を元にしているため、大幅にカットされるという心配もないでしょう。

 

 年齢のことを考えれば多少の給与カットでもデメリットかもしれませんが、仕事を覚えるための期間と捉えれば、そこまで大きな不満を持つ必要はないはずです。

 

 

デメリットがあるとすれば…

 もしあなたのような転職者として入社した人間にデメリットがあるとすれば、それは変な企業を選択してしまった時ではないでしょうか。

 

 変な業者とは、例えばブラック企業など。
 試用期間を都合の良いように解釈し、給与もまともに払わない、残業代も支払わない、その他の手当も与えないなど、明らかな違反行為をする企業に間違って入社してしまえば、試用期間中に大きな不満を持つことになるでしょう。

 

 そうしたデメリットが生じないよう、入社前に確認作業を怠らないことが、転職者側には求められるのかもしれません。

 

【関連記事】



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト