中途採用ならではの注意点

職場で良好な人間関係を築く

 

 43歳のキャリア採用であっても、いきなり職位がつくことになっても、新入社員であることに変わりはなく、仕事で大きな成果をあげるためには、社内で良好な人間関係を築き、仕事がしやすい環境を整えることが重要です。

 

 そのためには、入社初日の第一印象を良くしておくことが、前提条件です。入社の挨拶で前職を自慢したり、横柄な態度をとると、それが自分のポジションづくりにマイナスに作用します。

 

 あくまでも謙虚な姿勢で、協調性を持って、新生活を初めてください。

 

自分だけでなく、周囲のことも考える

 

 43歳の中途採用者は、いち早く結果を出すことが求められます。ですが、自分の成果だけにこだわると、結果としてほかのひとを出し抜くことになったり、人間関係を悪化させることにつながりがちです。

 

 組織の中でリーダーシップを発揮することも、43歳の中途採用者の力量なのですから、自分のノウハウを周囲に惜しげなく伝え、会社全体の利益をアップすることを意識しましょう。

 

 経営陣が期待するのは、組織に良い効果を波及することです。そうした、自分だけでなく、周囲の実績をあげるための努力は、必ず結果となって帰ってくるはずです。

 

 

【関連記事】



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト