入社手続きについて

入社前の手続き

 

 入社以前、内定の連絡があったときに、すべき手続きがあります。それは、入社にあたっての「労働契約内容」を書面で明示してもらい、話し合いを行っておくことです。

 

 求人票や面接での説明と相違がないかどうか、納得できるものかどうか、書面でしっかり確認してください。もし、勤務条件の交渉をしたい場合は、ここできちんと話し合っておかないと、入社後に後悔することになります。

 

 ここで不安や不満を感じたら、入社辞退も検討してください。

 

入社にあたっての手続き

 

 入社にあたって、さまざまな事務手続きが必要ですが、労働契約内容の確認に会社を訪れた際に、必要な書類を預かっておくことをおすすめします。

 

 入社日に提出すべき書類には、「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」「扶養控除等申告書」「健康保険被扶養者異動届」「給与振込先の届書」があります。

 

 正確に記入し、必要であれば捺印をするなど、準備しておきましょう。また、会社によっては「身元保証書」など、第三者の署名・捺印が必要なものがありますので、誰に依頼するかも含めて、きちんと考えておきましょう。

 

 入社日に提出するように言われていた書類を、きちんと準備するようにしてください。

 

 

【関連記事】



トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト