退職・入社の準備をする

退職・入社の準備をする記事一覧

退社手続きについて

退社日が決定してからの手続き 43歳が退社をする際には、退職日までに片づけなければならない手続きを確かめ、確実に準備を進めておくことが大事です。例えば社内預金をしていたり、社内融資を受けている場合、退職日までに受け取りや返済を完了しなければなりません。 また、社宅に住んでいるなら、退職日前に引っ越し...

≫続きを読む

入社手続きについて

入社前の手続き 入社以前、内定の連絡があったときに、すべき手続きがあります。それは、入社にあたっての「労働契約内容」を書面で明示してもらい、話し合いを行っておくことです。 求人票や面接での説明と相違がないかどうか、納得できるものかどうか、書面でしっかり確認してください。もし、勤務条件の交渉をしたい場...

≫続きを読む

中途採用ならではの注意点

職場で良好な人間関係を築く 43歳のキャリア採用であっても、いきなり職位がつくことになっても、新入社員であることに変わりはなく、仕事で大きな成果をあげるためには、社内で良好な人間関係を築き、仕事がしやすい環境を整えることが重要です。 そのためには、入社初日の第一印象を良くしておくことが、前提条件です...

≫続きを読む

試用期間とは?デメリットはあるのか?

不明瞭を明瞭にします 人のことなんて、1日や2日でわかるものではありません。つまり、企業の人にとって、新しく入社した人は不明瞭な存在なのです。 この不明瞭な存在を、できるだけ明瞭化していくためのものが試用期間という制度。 大体3ヶ月ほどの間になるでしょうが、その期間を使って、わかることを増やしていき...

≫続きを読む

43歳の転職と退職時の有給消化問題

43歳が有給消化をして退職したいなら 43歳の退職の理由が、たとえ転職であったとしても、勤務した期間の出勤率が80%を超えていれば、会社は有給休暇の申請を拒むことはできません。この出勤には、産前産後休暇や育児休暇も含まれるので、勤続年数が長い女性でも、退職前に有給申請できる確率は高いです。 とはいえ...

≫続きを読む

会社から退職を引き止められた時の行動を解説

引き止めは会社都合であることを認識 会社を辞める時に上司などから慰留される、いわゆる引き止め。会社からの引き止めに対して転職希望者が取るべき正しい対応は、どのようなものなのでしょう。 正しい対応を知るために無視できないのが、ある認識を持つこと。「会社からの引き止めは、会社の都合でしかない」 この認識...

≫続きを読む


トップページ 43歳の転職5つのSTEP おすすめ転職サイト